So-net無料ブログ作成
検索選択

ピュアな純愛物語の最高傑作 [小説]

 小説を読む醍醐味。これは何と言っても、その世界、時代にタイムワープしたかのような感覚に陥ったときにあるのではないでしょうか。とはいっても、そんな恍惚感を味あわせてくれる本というのはなかなかないわけですが。とくに最近は、幼い頃に夢中で小説の世界に入り込んだような体験──ワクワクドキドキしながら、読書中は時間が止まったように感じ、終わった後もため息をつくような満足感──がどんどん薄れていくような寂しさを感じています。こう思うのは、私だけではないのでは? 

 しばらく面白い本を読んでいないなあ。たいして読みたい小説も出版されないし。そうお嘆きのあなた、お待たせしました。本日は、トレイシー・シュバリエ「真珠の耳飾りの少女」(白水社)をご紹介いたします。昨年映画化されて話題にもなったので、小説よりも映画をご覧になった方が多いかもしれません。映画も良くできていたけれど、できれば原作を読んでいただきたい。私の読後感想的に言いますと、デイケンズの「ディビッド・コパフィールド」を読んだあとに感じたような、最大限のウルトラ特Aクラスに属する小説でありました。

 物語は、フェルメールの同名タイトルの作品(小説の表紙になっている絵画です)のモデルとなった少女が主人公。女中として雇われた彼女が、天才画家に淡い思いを寄せ、名画のモデルとなるまでを描くという設定です。このモデルの少女の存在については専門家の間でもケンケンガクガクの論争が繰り広げられているらしいので、本書の設定はまったくのオリジナル。フェルメールというオランダを代表する国民的画家の生活という史実を忠実に下敷きにしながらも、「真珠の耳飾りの少女」という一枚の絵画から感じ取った作者の勝手な空想を、魅力的な少女フリートの物語として紡ぎ出してくれました。

 少女から見た天才画家の生活。そして彼が描く素晴らしい作品の数々。画家にその色彩に関するセンスを見初められた少女は、家事手伝いから画家の仕事の手伝いをするようになり、次第に作品の構図について意見を語るような存在にまで成長していきます。そしてついに訪れた、モデルとしての初仕事。密かに想いを寄せる旦那様のために、フリートは恐れ多くも奥様の大きな真珠の耳飾りを身にまとう。そのために耳朶に穴を空けるということが、どんなに苦痛であるか、旦那様はご存じない。彼女は、ついに決死の思いで耳朶に針を刺していく・・・・・。無垢の少女が大人の女に変身する姿を描いたこのシーンは、本当に美しい。私が大好きなピュアな純愛物語そのものであり、歴代の恋愛小説の代表的シーンとして語り継がれることでありましょう。

 一枚の絵画からよくぞここまで想像を膨らませることができるものだと、作者の小説家としての才能に「ナイス!」を100個ぐらい差しあげたいと思います。そして名画ファンならずとも、フェルメールの画集を傍らにして読みふければ、しばしの間17世紀オランダの町並みにタイムワープする時間を満喫できること請け合いの、最高に楽しい小説であります。


真珠の耳飾りの少女


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(3) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

Youkimu

http://www.japan-hotels.hippy.com/
by Youkimu (2006-01-13 02:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。