So-net無料ブログ作成
検索選択
アート ブログトップ

楽しく絵画の勉強ができる研究書 [アート]

  視覚デザイン研究所編「うちの子はピカソ」(視覚デザイン研究所)という児童絵画の指導書が面白い。指導書とはいっても、あくまで一般のお母さん・お父さん向けにやさしく書かれたもので、「はじめてのお絵かき」「色から生まれるお絵かき」「観察力をつけるお絵かき」と三冊構成になっています。我が国の児童絵画の指導本というのは本当にひどいものばかりでありまして、ほとんどが子供に型どおりの描き方ノウハウを押しつけるという間違った指導がおこなわれている中、本書は親たちに子供の絵の世界の秘密についてわかりやすく解説してくれています。

 「お絵かきは子供の感受性や表現力を育てます」「お絵かきは子供の世界の扉です」「自分と周りの世界を確かめるため、お絵かきは始まる」「ワンパターンの絵ばかりでも問題ない。子供が納得いくまで描かせてあげましょう」「子供が感じて作り上げた独自のイメージ世界を大切に」・・・・・そうそう、その通り。まるで私の著作のようではありませんか(笑)。基本的に、子供の絵に「指導は必要ない」としている点もまったく私の考え通りであり、子供の絵画がいかに成長すると共に変化していくかを豊富な実例をもとに解説してくれる点も素晴らしい。これなら、「私、絵のことはとんとわからなくて、困っていたの」と嘆くお母さんたちも、よーく理解できることでしょう。

 さらにさらに本書では、ピカソやクレーといった抽象絵画の大家の作品と子供の絵を比較して、彼らがいかに子供の絵を目標にしていたか、またその芸術作品と子供の絵画の違いについても言及していて、ちょっとした美術鑑賞読本の役割も果たしてくれています。このシリーズさえあれば、子供の絵画教育に関しては他に本を買う必要はありません。そこいらの下手な絵画教室に通わせる必要もないでしょう。学校の美術教育なんて、無視してください。それくらい良くできている。そしてわかりやすい。たった一冊1,300円也×3冊セットで、親子ともども一生楽しむことができることは保証いたします。べつに視覚デザイン研究所とやらに知り合いがいるわけでも何でもございませんが、これは断然お買い得のお勧め本なのであります。アウトサイダーアートに興味がある美術関係者にとっても、価値ある一冊です。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(4) 
共通テーマ:

ホンモノの芸術を理解するために [アート]

 アウトサイダーアートと呼ばれる作品群があります。簡単に定義すると、「精神病患者や知的障害者など、正規の芸術教育を受けたことのない作家による独自自習によるアート」ということでしょうか。こうした作品は、20世紀初頭にヨーロッパの精神科医によって発見されたとされ、現代アートが閉塞的状況を迎えるなかで、近年はますますアウトサイダーアートに対する注目が高まってきました。日本では財団法人たんぽぽの家の理事長である播磨康夫氏によって、知的障害者の作品を「エイブルアート」と命名され、生命の衰弱した現代空間に躍動感を与えてくれる魂のアートであるという価値観を広めてきました。服部 正「アウトサイダーアート」(光文社新書)は、そんなアウトサイダーアートの歴史と具体的な作家についての概略をわかりやすくまとめた本です。

 以前に「お騒がせ贋作事件簿」の紹介の時にも指摘しましたが、日本ではアートを純粋な作品の価値観だけで評価する土壌がまるでないのが現実です。「私、絵のことはわからないので・・・・」「芸術センスはゼロなんですな・・・・」などと公言してはばからないおじさまたちがごろごろいて、そんな彼らが金に任せて大家の名作を買いあさっている。だから贋作をつかまされてざまあみろ(笑)ということになるわけですが、文化の育成という観点から考えると、そろそろアートを見る眼をもっと多くの人たちが培う必要があるのではないでしょうか。

 アートを見る眼を育てること。これは、作家名や美術史に名を残す名作ばかりを見ようとせずに、自分の感性だけを信じて、自分にフィットする作品を見つけて純粋に鑑賞を楽しむことであります。アウトサイダーアートほど、それに適したアートはありません。はじめは少しとまどうかもしれないけれど、これまでの美術教育の知識を捨て去って作家が表現しているモノを単純に見ていただけきたい。鮮やかなパステルで何百回と塗り込まれたぐるぐるの輪や、大きな紙に細かくびっしりと書き込まれた「漢字の宇宙」。マジックで様々な形に色を塗りつぶしただけの不思議な色彩のパズル。これらが何となく面白いと感じ取ることができれば、もうアートを鑑賞できる眼力が備わりつつあると言っていいのです。本書の副題にあるように、それらの作品には「現代美術が忘れたホンモノの美」があるのですから。


アウトサイダー・アート


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

楽しく楽しく絵を描こう [アート]

 日本の子供たちの美術教育の程度の低さには、ほとほとあきれかえるものがあります。もともと美術を理解する土壌が親たちにないのだから仕方ないといえばそれまでですが、それにしてもひどい。美術教育を専門にするとかいうナントカ芸術教育研究所の著作に「楽しく楽しく絵を描こう」という本がありますが、はっきりいってウソばっかり書いてある。この本が日本中の保育園・幼稚園の先生方の絵画教育のバイブルとなっているらしいから、まったく情けない。

 例えばですよ。コスモスの描き方という項目です。「みんなでコスモスを用意し、花びらの枚数を数え(8枚)、確認します」「パレットに黄色を出し、花の心を点描で描きます。大きくなりすぎないように注意しましょう」「花びらを赤紫色で描きます。筆をロケットにし、筆先で中心から外に向けて4〜5本の線で一枚の花びらができるようにします」・・・・書き写しているのもバカらしくなってきた。要は、絵とは自然をありのままに写し取るという前近代的な美術観をいまだに子供たちに押しつけているだけなのです。

 谷川晃一「絵はだれでも描ける」(生活人新書)は、私と主張をまったく同じにする著者による新感覚のお絵かき入門書であります。「子供のころ、絵は誰もが楽しめるものだった。自由な発想、自由な想像力で純真な絵を描いていた。しかし大人になって巧さを意識しはじめたとたん、自由な想像力は失われ、絵は魅力を失った」と語る作者は、子供の絵からアート感覚を欠如させている美術教育の問題点にもスルドク迫ります。さらに本書の真骨頂とも言えるのは、美術活動などしたことがないような大人たちにも「だれにも絵は描ける」と語り、その実践事例を綴っているところでありましょう。

 パブロ・ピカソは、晩年に語っています。「私は父親のひどい美術教育で、子供のころ、子供らしい絵を描いたことがなかった。ようやく子供の絵のような自由で楽しい絵が描けるようになるために、何十年もかかってしまった・・・・」本書を読んで、多くの人が絵でも描いてみるかっ、という気分になることを期待します。絵に対する考え方が、読後は180度変わる。そんな革新的な内容の一冊ですよ。


絵はだれでも描ける


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

アートの世界は偽物だらけ [アート]

 またまた韓流ドラマの話で恐縮ですが、「天国への階段」で、テファお兄ちゃんが名作の贋作を書いて警察に捕まるシーンがありましたね。しかしソンジュが警察に手を回すと、あらら不思議、テファは簡単に釈放されてしまう。「そんな莫迦な…」って、思うかもしれませんが、実は贋作を描くこと自体はべつに法律に触れるわけではないのです。贋作を描き、それをあたかもホンモノのように見せかけて高額な金額で売買する行為が、著作権侵害と詐欺罪に当たるだけのこと。そしてさらに不思議なことには、贋作の売買が刑事事件になることもまた、世の中では珍しいらしいのですね。いったいどうして? なぜなら、美術コレクターや関係者にとって贋作をつかまされたということは自らの鑑識眼のなさを露呈することであり、それによって生じる不利益の方がよほど大きいからであるといいます。かくして、美術の世界では、今も昔も、世界中でさまざまな贋作事件がそこら中で頻発しているのです。

 日本でも、有名なところで日経新聞文化欄に掲載された「高麗青磁の復元記事」事件というのがありました。ニュースでも取り上げられて大騒ぎになったので、覚えている方も多いことでしょう。事件の顛末は、こうです。韓国で長年にわたって陶芸家たちが研究を続てきた「高麗青磁」の完全復元に、こともあろうに日本人の谷俊成という特殊工芸研究家が成功したと、日経新聞の文化欄で大きく取り上げられた。記事によると、それらの作品は海外での展覧会を経由して、ついに京都府立文化博物館で「高麗陶芸・パリ帰朝展--谷俊成の世界」が開催されるという。海外で大成功を納めたという歴史的な作品群の凱旋帰国に、美術関係者はこぞって注目し、再現された高麗青磁は一個300万円という破格値で次々取り引きされた……。

 しかし実は、この高麗青磁の完全復元という事実そのものがまったくのデタラメ。谷俊成なる人物は、韓国の安物の青磁を韓国の窯元から買い上げて自分の銘を入れさせていただけの典型的な詐欺男にすぎなかったのです。そんな詐欺男に、こともあろうか天下の日経新聞がだまされ、京都府立文化博物館での展覧会には外務省、京都府、京都市の後援までついていた。高麗青磁の復元に成功した国際貢献が評価されて、外務省から大臣表彰まで授与される。国際交流基金からは100万円の資金助成まで出されたというおまけつき。単なる一人のいかさま男に、こんなにも多くの人々や団体がだまされるという美術史上例のない珍事件であり、結果として犯人のPRに活用されてしまった日経新聞は完全に面目を失ったというお話しでありました。

 大宮友信「お騒がせ贋作事件簿」(草思社)には、そんなとんでもない詐欺事件がてんこ盛りにつづられていて、読んでいて人間のあまりの莫迦らしさに笑ってしまうという書物であります。世に言うお宝の四割は偽物だとか、千点近い贋作がある藤田嗣治とか、「江漢に江漢なし」と言われるほど偽物だらけという司馬江漢の話とか、美術に興味がないヒトでも、さすがに読んでいてあきれるばかり。だます画商に、だまされるコレクター。書画骨董の世界は、偽物だらけ。実は、何十億という公金をはたいて購入したという公立美術館・秘蔵の名作絵画にも、偽物が多く存在しているというのだから、開いた口がふさがらない。

 人間、欲に駆られて行動するとこういう目に遭うという実にユニークな事例集としてお読みいただきたい(笑)。大体ですね、アートなんてものは、いいものはいい。好きなものは好き。自分の趣味に合うものだけを飾っていれば、それでいいのです。どうしてその作品に経済的価値をつけようとするのかね? 要は自分が購入した美術品を、金銭の高さでしか評価できない自信のなさの現れなのではないでしょう。本書を読んだら、金持ちの知人のリビングに飾ってある高尚な名作を観るたびに、笑いが止まらなくなること請け合いですよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:
アート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。